2016.10.14 Friday 23:01

本当は怖いです

49歳主婦です。

先日、不正出血の診察時にみつかったポリープを摘出し細胞を調べた結果、癌細胞でした。

子宮体癌で子宮摘出手術をしてもらった方がよいでしょう。と先生からいわれました。

先生は子宮は筋肉組織でできているのでなかなか簡単に外へ出ることはないから心配しないで!

しっかり治療しましょう。と励まして下さいました。

 

紹介状を頂き来週癌センターへ行きます。

現在ではネットで調べる事が出来、大丈夫と言われてもつい最悪の状況を想像してしまいます。

私を支えてくれる夫、娘、実母の手前つい不安な気持ちを吐き出せず明るく大丈夫、頑張ると本当は怖くて不安な気持ちなのを言えません。

ストレスが一番良くないのも理解しています。

家に1人でいたら悪い事を考えてしまいそうなので少し力仕事で体の方も心配なのですが職場で過ごす事が楽しいので、検査結果が出るまではと仕事も続けています。

考えがまとまらない文章で申し訳ありません。

今の私の過ごし方で正しいのかということと、ポジティブシンキングに心をあげるにはどうしたら良いのかアドバイス下さい。

まだ入口な状態でこんなに不安なんて自分がとても情けないです。


Comment:
2016/11/01 12:17 PM, とんぼ wrote:
こんにちは
アドバイスでなくごめんなさい。
私もあなた様と同年代、二週間ほど前に子宮体癌の宣告を受けました。
私の病状は、多分あなた様よりも悪いようです。
今、死の恐怖と必死に戦っています。いや、戦っているというより、打ちのめされた気持ちです。叫んで、のたうちまわりたいのをこらえて、仕事や家事をしています。
こんなお返事では仕方ないですが、あなた様と辛さを分かち合えますでしょうか。
2016/11/02 8:24 AM, ゆきこ wrote:
はじめまして。
私は、71歳で、3年前の10月に子宮体がんの、手術を受け、翌年の1月から4月まで、
3週間に一回の、抗癌剤治療を受けました。
現在は、3ヶ月に一回の検査と、半年に一回のリンパむくみの、検査に言っております。
抗癌剤の副作用の、手足のしびれ、痛みは、以前、続いておりますが、あとは、元気になっています。
どうか、お二人とも、不安と恐怖がいっぱい
だと思いますが、私の場合、40歳の娘が重度の自閉症と知的障害をあわせもっているので、
とにかく、この娘のために、わたしは、
必ず、生きていくと、
強い気持ちで、向き合いました。
泣いたり、落ち込むのは、体に良くないと、思い、人に隠さず、話をしていました。
ありのままでいて、そして、趣味を持って、楽しい気分と、希望をもつ・・・
これが一番です。
私の癌は、明細胞腺がんという、悪い形でした。
でも、主治医に恵まれ、幸い、元気になれました。
お二人とも、勇樹をだしてくださいね。
2016/12/27 4:33 PM, コスモス wrote:
こんにちは。48歳です。私も1カ月前に子宮体癌で子宮全摘しました。転移はありませんでしたが腹水に癌細胞が見つかりました。抗がん剤は必要ないと言われましたが不安に思っています。検診をちゃんと受けて、お医者を信じて前向きに生きるしかないかなと思っています。

頑張りましょう
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.