2018.08.30 Thursday 22:49

はじめまして

岡山県在住のmariといいます。

6月末に組織検査を受け、7月中旬に子宮体がん1a期筋層浸潤1/2以下の早期ガンと診断されました。先生からの提案は早期と言っても開けてみないとわからないガンなのだから、骨盤内リンパ郭清、大動脈周囲リンパ郭清がベストな術式であると言うことでした。

リンパの郭清は出来れば避けたいと思い、セカンドオピニオンも受けましたが家族の思いやセカンドオピニオンの先生のお話などを自分なりに考え、やはり提案いただいた術式をお願いしました。

しかしながら、日に日に術後の自分がどうなるのかが怖くなり皆様のご意見を伺ってみたくご連絡いたしました。どうぞよろしくお願いします。


Comment:
2018/08/31 8:14 PM, ゆきこ wrote:
mariさん、はじめまして。
わたしは、73歳。今年の10月で、子宮体がん手術5年になります。
りんぱむくみ外来は、今年の8月で、卒業になりました。4年間まじめに通い、足のマッサージや、歩くことを、毎日欠かさず、やった結果、むくみがなく、先生から、卒業ですよと、言われたとき、本当に、心のそこから嬉しくなりました。
わたしも、あなたと同じ、子宮体癌の1aでした。明細胞せんがんという、悪性のため、
子宮はもちろん、卵巣もとり、リンバも取り、抗癌剤治療も4回、受けました。
今は、とても、元気になりました、手足のしびれや
足の指10本のちぎれるような痛みなどは、抗癌剤の副作用が、残っていますが、家事をはじめ、車の運転も、楽に出来ています、
一番大事なことは、絶対に負けてたまるか、元気になって見せるという自分に負けない強い心を
もつことです。
わたしが、励ましの言葉を、申し上げられるのは、これだけです。
がんばってください。
わたしは、42歳になった自閉症の娘がいるので、
生きていてやりたいのです。
ファイトです。!!!!
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.