2019.01.20 Sunday 21:22

家族への対応

今月初めに、子宮体がんと診断されました。

3月に手術の予定です。

それまでは、検査や定期受診があります。

どんな手術になるのかとても心配です。

 

 

私は、割りと冷静に受け止めていますが、

夫が義父を肺がんで亡くしてるため、少し神経質になっていて私に対して質問攻にするんです。

 

そんなことは、主治医に聞かなくてはわからないことなのに、『お前は何できちんと質問しないのだ』と怒ってしまうんです。

 

これから、長い闘病生活が始まるのに、一緒に乗り越えられるのか心配です。

腹部のMRIを撮ると話したら、全身調べなければ、どこかに転移してるかわからないとか、余命が心配とか毎日質問してきます。

 

同じような経験を持った方がいたらよろしくお願いします。


Comment:
2019/01/21 6:36 PM, ゆきこ wrote:
はじめまして。
わたしは、今年の10月で子宮体がんの、手術後6年目ですが、検査に行くときは、夫についてきてもらい、主治医に一緒にあってもらい、がんの状態や、手術の内容を、一緒に聞いてもらいました。そうすれば、ご主人も、主治医に質問が出来、不安の中にも、納得がいくと思いますよ。
それから、ご主人にお伝えください、68歳で手術、抗癌剤治療を受け、現在、健康でいるばぁさんがいることを。がんばってください。応援しています。
2019/03/01 11:46 AM, yun wrote:
はじめまして ゆきこさん。
私は2年前に子宮頸がんで広汎 子宮全摘術・骨盤リンパ節郭清をいたしました。
最初に告知を受けたときは一人で聞いていたのもあり頭が真っ白で泣きじゃくるしかなかった。
手術までの1週間もんもんとしましたが、気になったことは紙に書いて、術前までに尋ねましょう。
術後の検査でしかわからないこともありますが、わかる範囲では先生お答えしてくださるはず。
どのくらいの範囲の手術になるかはわかりませんが。
お気を落とさずがんばってください。でも辛いときにはご主人に泣き言いって辛くならないで。

2019/03/01 11:48 AM, yun wrote:
ゆきこさんではなかったですね。失礼いたしました。
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.