2016.04.22 Friday 16:53

毎日不安と激励の日々

円錐切除から始まり、術後異常なしと言われても腹痛が収まらず子宮を取ることになり手術したところ、子宮がんだったことがわかりました、今はがんセンターに行きだした為、再度の全ての検査をし、がんが子宮からでていて体内に残っていると言われました。子宮がんと子宮頸がんの両方の可能性がありどこまで手術でとるか、その結果まち。

私はこれからどうなってしまうのだるう、そんな不安と、頑張るしかないと思い元気でいる時と交互にやってきて、気持ちが落ちた時は本当に辛く、ガンに負けてしまっている自分を感じるのです。私は48才で母子家庭。
どのように毎日を過ごしたらよいのでしょう?


Comment:
2016/04/22 11:46 PM, あや wrote:
私も、その気持ちわかりますよ。私も残せるかの瀬戸際でだめでぜんてきしました。
私は、手術までの期間、過呼吸とかで運ばれたことも何回もありましたが、
眠剤を服用して、日にちがたつのを待ちました。1人暮らしで彼氏いなかったので、1人でたえました。
友人や家族になるべく協力してもらい、なるべくいい方向に考えてなんとか、手術に望んでいただきたいです。
心より願っております。
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.