2018.02.19 Monday 18:32

子宮頸がんを患って

2017年、12月職場の同僚が「胸にしこりがあるのが気になるんだよね、子供も小さいしまだ死ねないよね。病院行かなきゃ」と話したことがきっかけで、そういえば私も子宮頸がんの検診に行かなきゃなと思いました。2006年に長男出産時、ヒトパピローマウイルスに感染していると指摘を受けていたのです。当時の自分はことの重要性に気づいておらず、2008年に長女出産、そこから3年ほど間があき、検診を受け、なんともないと言われる。その後5年間1度も検診を受けていませんでした。

2017年12月に検診を受けに行くと案の定、先生が、「最後に検診したのいつ?ちょっとやばいかもしれないよ。出血とかしてなかった?」と。とくに自覚症状もなかったけれど、あぁ、やっぱりと思いました。

しかし、この時は頸がんを甘く考えており、切除すればどうにかできる。と思っていました。

 

それから、2週間後に結果が出るから必ず聞きに来てと言われ、不安な時間を過ごしました。1週間が経った頃、検診をしたクリニックから結果を聞きに来て欲しいと電話がありました。

あぁ、結果が悪かったんだ。と直感しました。

そこで、組織診クラス垢修梁召琉性腫瘍の可能性と告げられ、腺癌の可能性があると言われました。

すぐに大学病院に行ってよく見てもらってと言われ、翌日大学病院を受診しました。

 

大学病院受診時は夫に付き添ってもらいました。診察まで時間がかかるとのことで、造影CT.MRI.術前検査一式を行いました。1週間後に結果説明をします。と言われ、この日は帰宅。

 

それから1週間後の受診で、子宮頸がん腺癌1b1期相当   画像上では転移なし

広汎子宮全摘、もしくは放射線治療があります。と説明を受け、広汎子宮全摘を受けることにしました。

2018年 1月23日手術を受け、尿道カテーテルを入れたまま1月30日に退院。2月14日に病理検査の結果を聞きに行きました。

結果、1b I期  リンパ節転移なし 断端部陰性だったものの、12ミリの浸潤がありやや深いと。また、リンパ管侵襲があるとのこと。腺癌はグレード3ということからTC療法6クールの追加療法を提案されました。

 

正直、追加療法を受けることが怖くて、ガンを取りきれなかった、全身に転移してる可能性があるんだ。リンパ節に転移がないのにどうして?と不安でいっぱいです。悩んでも、もう治療をするしかない、再発がいつ起きるのかなんて悩んでもどうにもならない、とわかってはいるものの、卵巣を取った影響なのか、眠りは短時間ですぐに目がさめる。気分が落ち込む。悪いことしか考えられない。

 

誰かと話したい!と思いました。でも、術後3週間、まだ、自分の思う通りに動けず、車を20分くらい運転すると陰部がむくみます。いままでなんともなかった右足もなんだかむくんでいるような気がします。腹筋がなくなったからか、右の腰あたりが痛いような感じがあります。

病院からはリンパマッサージの仕方など教えてもらっていません。

 

患者の会に行こうと思っても会場まで電車で2時間程度、いける自信がない。私は看護師なので、仕事をどうするか、辞めなければいけないのか、など不安でたまらないのです。

化学療法の副作用に耐えられるか、しびれがずっと消えない生活なんて送れるのだろうか、化学療法中に再発したら?

考えるときりがありません。

子供もまだ小学生、検診にちゃんと行かなかった自分がいけないのだけれど、どうしたらいいんでしょうか。

 

こんな思いを吐き出せるところが欲しくて今回メールを打ちました。

皆さんは気持ちが後ろに向いている時、どう対処していますか?


2018.02.19 Monday 10:48

不安と恐怖感でいっぱいです

去年から不眠と一ヶ月月経がなく、閉経かなと思ったら、1月に入り20日以上も月経が続き、婦人科に行ったらエコーにて子宮に異常があると言われました。

 

子宮体癌の細胞診検査をしなければいけないのですが、出産の経験がなく、下腹部がかなり痛くて我慢できなくなって過換気になり、十分にできませんでした。

 

実は3年前に貧血が進行し、別の婦人科に行ったのですが初めて内診を受け、その時も過換気になったため、怖くて放置していました。

 

MRIや造影CTで検査をし、おそらく子宮体癌のステージ1だろうといわれ、来週全摘術予定です

 

でも急に言われて本当は怖いです。いつも泣いてます。私は独身。両親は高齢で父は認知症、母は足が悪くこれからも元気で両親の介護をしたいです。

 

私は46歳で44歳の弟がいるのですが引きこもりで頼りになりそうにありません。

 

痛みに我慢できたら細胞診を受けたいのですが完全にPTSDになって内診前は血圧が上がり呼吸が乱れて医師が気をつかって2度目の細胞診もできませんでした。

 

良い歳なのに痛みに弱く、メンタルも弱く情けないです

 

生活のため社会復帰したいけどみんなに同情されたり、色々言われるかと思うと気が滅入ります。気にせず堂々といきたいです。

 

今はどうしたら良いのかわかりません。


2017.10.01 Sunday 20:41

前向きに生きる勇気をください。

はじめまして。

41歳 小学生一年の娘の母です。

病名は、子宮体がんです。

9月12日に告知されました。

26日にはMRIとCTの結果ステージ犬噺世錣譴泙靴拭

リンパ等にも転移、肝臓ももしかしたら。直腸にも。との説明でした。

全ての癌は取ることができない。と言われました。途方に暮れています。

これからも、ずっと娘の成長をみたいです。

このような方がいらっしゃって、お元気になられた方がいましたら、前向きに生きる勇気をいただきたいです。

毎日、ネットで検索すると生存率ばかり目に入り、娘の前でも泣きたくなります。

よろしくお願い致します。


2017.06.08 Thursday 18:33

乳がんとの診断はされていないものの、毎年「定期検診」を受けている者です

【Reiさんから】

 

初めて40歳の時に自宅最寄りの婦人科で乳がん検診を受けましたが、異常と判断され大学病院を紹介され診察及び精密検査・生検を受けましたが幸いなことにがん細胞やしこり等は発見されておりません。

 

ただ異常な状態であることには間違いないため毎年、大学病院にて定期検診を受けています。

 

今現在は「経過観察」という状態です。

 

医師からはおおまかにいえば「乳腺症」と診断されています。

 

精密検査でマンモグラフィー・エコーによる検査をした結果を見せてもらうと「石灰化」した状態がはっきり見えます。

 

昨年も念のために生検を受けましたが、結果は何も見つからずホッとしています。

 

今年も5月のGWの翌週に定期検診を受けてきましたがお陰様で「経過観察」との結果を医師よりもらいました。

 

今年で46歳になり、6年間定期検診は受けています。

 

今年の結果を聞いた際に医師に私が将来、乳がんになるリスクはどのくらいかと聞くと医師からは「日本の女性の乳がんを患う人は全体の9%、私もそれと同じくらいのリスクがあり、高齢になればなるほどリスクは高くなるので定期検診は一生受けなければならない。」との答えでした。

 

ちなみに私の場合はがん細胞やしこりが見つかるまでに潜伏期間が長いのでやはり一生、定期検診は欠かせないといわれれています。

 

このように定期検診を受ける方は私自身も含め結果が出るまでに「不安や恐怖」といった感情は隠せないと思いますし私も毎回、検診を受け結果が出るまでに「不安・恐怖」は隠せません。

 

私はこのような状態の他に精神的な持病も抱えており、そちらの病も完治するかは不明といわれています。

 

その為に将来、自分が乳がんにもしなった場合のことを考えると両肩に重い荷物を背負って、一生、生きて行かなければならないと考えると自分の人生って何なんだろうとも思います。

 

今年は5月の後半に検診の結果が出たために次回の定期検診を半年後あるいは1年後に受けるか迷っています。

 

国の規定で決められたそうですがいわゆる私のような「経過観察」の状態の患者は国が指定する、がん指定病院ではもう予約して見てもらうことも出来なくなったそうで、いろいろな面で負担やストレスが患者にふりかかってきているようです。

 

初めてメールでお伝えしたので長文で意味不明な箇所があるかもしれません。

ご了承下さい。


2017.05.30 Tuesday 11:01

子宮頸癌の告知を受ました

五月に子宮頸がん(腺癌)の告知を受ました。

今から、手術、抗がん剤の治療が始まります。子宮摘出(リンパ)+抗がん剤の治療を選択しました。

とても不安です。励ましてくれる家族も居るから、頑張って行こうと思いながら、不安に襲われたりします。


<<new | 2 / 8pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.